朝なのに

もう出かけなきゃいけないのに涙が出そう

こんな場合じゃない

がんばればいいだけ

無能だからシフトも入れないししんどい

お金稼がなきゃ

機械みたくこなすしかない

数年後、くよくよ悩んでたなあって思うんだ

 

生きるのに向いてない

生きるのに向いていない。

つくづく感じる。

私はひとよりも鈍い。

動くのも考えるのも遅いし、ひとの動線を邪魔していたりする。

よく間違えるし、パニックになる。

なんとか頭の中を整理しよう、効率のいいやり方は?などと考えていると、ぼさっとすんなとイライラされる。

みんなそうだよというかもしれないけど、これは確実にそうじゃない。

わたしはとても鈍い。不器用だ。

そして毎日悲しくて苛立たしくてどんどん沈んでいく。

このままじゃあ社会人として、20代も後半の人間としてだめだ。甘えている。

正社員にもなれず、能力も学歴も愛嬌もなにもなく。

わかっているよ。

空気をおかしくしてはいけないと笑ったところで「わらいごとじゃなく」と言われ。

泣きそうなんだよほんとは。

しなくてはいけないことを忘れてしまった。「なんだよ」といわれてずんと胸にくる。

見た目ではわからない、ほんとうは結構つらい。

こんなことで泣くなんて甘えている。

 

「だからお前はだめなんだ」という言葉に弱い。

涙があふれる。いい年した大人が泣くなんて情けない。

 

自分のことばっかだ

ほかの人を見て覚えればいいし、インターネットで調べものはできるし、本だってなんだってある。

甘えてるなあ

 

しんどいなあ

 

お金だってない

希望するものはあるけど食っていけるかわからない

不安定

 

向いていないとおもう

そんなことないよと言ってほしいわけじゃない

だって向いてない

だからここで書く

 

頑張ってるねと言ってほしいのか?

いいや、全然頑張れていないと思う

 

甘えているなあ

 

数年したらわたしはどうなっているだろう

 

都会にいるだろうか

日本にいるだろうか

30歳までに心に安定したものを手に入れたい

ムリだったらまた考えよう。

 

そうじゃなかったらなにをしようか

なにができるかな

目標、腸。

6月が終わりました。
もう7月。
ざっくり分けると2017年も、残り半分ですね。
せっかくなので、今月の目標、もとい今後の目標を掲げましょうか。

 

「腸内環境を良くする」

 

近ごろ不調を感じる日々です。
すぐに息切れをしたり、お腹ごろごろしたと思えば張ったり。
肺の調子が悪かったり、慢性副鼻腔炎だったり。
そして、なかなか体重を落とせなかったり、顎のお肉が下を見るときに邪魔したり。

 

この状況をなんとかしたい。

 

具体的には運動と、食事。
意識を持ちます。

 

やはり健康は大事ですよね。
これから生きていくんですもの。
なるべく病院にはかかりたくないですし。

 

がんばる!

 

電車に乗ると酔う

鶴瓶さんがよく面白い人と出会うのは、面白そうアンテナを張り巡らせているから。

出不精で、ついお家でゆっくりしてしまう自分を叱咤し電車に乗ってみた。

 

毛穴が目立ってきたなあと感じる肌にファンデーションを塗りこみ、数日前にはじまったゆうゆうメルカリ便の用事を済ませ、いざ電車へ。

 

土曜日の車内は比較的少なく、窮屈な思いはしなかった。

が。一駅過ぎたあたりで急に吐き気を催した。

 

今までは乗り物酔いだと思っていた。

実は脳貧血というものかもしれない、という情報を以前友人から聞いた。

どうやら自律神経の乱れや寝不足などにより、こういったことがおこるようだ。

昨日は6時間ほど寝たけど、疲れが残っている状態だった。

うーん、ちゃんとした睡眠を取れていないからなのかな。

ちなみに下半身を鍛えると症状がましになるようだ。鍛えてみるか。

 

どんぶらこどんぶらこと電車に揺られ、ふらふら休み休み歩いた。

 

緑が多い場所に行った。

個展を覗いた。

最初は行くつもりがなかった個展だけれど、刺激を求めて向かうことにした。

パンフレットとクリアファイルは買えたけれど、もうひとつは買えなかった。残念。

 

今度はゆっくりと緑を感じにいこう。

ブログをはじめた所以

日々のちいさなこと

調べてはすぐ忘れてしまうこと

考えをまとめること

 

年齢を重ねるにつれ固まり、無駄についてきたプライドを自覚して柔らげること

そしてそれを他の人やものへの攻撃に変えないこと

 

無意識のうちに差別しているかもしれないことを気に留めること

 

自分を責めすぎて問題点を逸らしたり、悪いものは悪いと言えなくなるのをやめること

 

公にして自分が恥ずかしくならないようにすること

 

諸々の理由。

忘れないようにということと、もしかすると生きているうちに考えが変わるかもしれないということ。

ちゃんとはっきりさせておこうとおもいました。